四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の10銘柄(3月2日)

グローバルインフォメーション <4171>
20年12月期の連結経常利益は前の期非連結比2.9%減の3.3億円になったが、21年12月期は前期比9.0%増の3.6億円に伸びを見込み、4期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。同時に、今期の年間配当は前期の記念配当6円を落とし、普通配当24円にする方針とした。

G-FACTORY <3474>
20年12月期の連結経常損益は1200万円の赤字(前の期は2200万円の黒字)に転落したが、従来予想の9300万円の赤字を上振れて着地。21年12月期は1億0900万円の黒字に急浮上する見通しとなった。直近3ヵ月の実績である10-12月期(4Q)の連結経常損益は5300万円の黒字(前年同期は7000万円の赤字)に浮上し、売上営業損益率は前年同期の-6.7%→4.6%に急改善した。

<6613> QDレーザ
18日の取引終了後に発表した21年3月期第3四半期累計(20年4-12月)決算の説明資料の中で、アップサイド要因として「レーザ網膜投影技術を活用し、新しい検眼を。試作機はすでに完成、提携先と上市にむけて進行中」であると明らかにし、買い材料視されている。検眼市場は「成長ポテンシャルが大きい」とした上で、新しい検眼機は「小型・安価・短時間・自己検診が可能」という。

養命酒製造 <2540>
20年10-12月期(第3四半期)業績は、国内で主力の養命酒の販売が回復したことに加え、広告費などの経費削減や先送りによる販管費率の低下も寄与し、経常利益は前年同期の7000万円から5億0300万円に急拡大して着地。2位のクルーズ <2138> [JQ]は主力の低価格ファッション通販サイト「SHOPLIST」が利用者の増加を背景に2ケタ成長を達成したほか、メディア事業と投資事業の収益改善も利益拡大につながった。

12月15日の好材料銘柄

エンプラス <6961>
発行済み株式数(自社株を除く)の4.19%にあたる50万株(金額で12億5000万円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は11月17日から21年3月31日まで。また、11月30日付で500万株の自社株を消却する。

日本ホスピスホールディングス <7061> [東証M]
東証が17日付で貸借銘柄に選定。

Casa <7196>
山梨県西桂町、富山県高岡市と協定を締結し、公営住宅への家賃保証サービスを提供開始。

市光工業 <7244>
今期経常を3倍上方修正。

エフピコ <7947>
DIC <4631> とプラスチック食品包装容器などの素材であるポリスチレンの完全循環型リサイクルの社会実装に向けて協業の検討を開始。

小僧寿し <9973> [JQ]
1-9月期(3Q累計)経常が黒字浮上で着地・7-9月期も黒字浮上。

ベルーナ <9997>
10月売上高は前年同月比33.2%増と2ヵ月ぶりに前年実績を上回った。