四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の15銘柄(3月10日発表)

 丹青社 <9743>
24年1月期の連結経常利益を従来予想の31.6億円→39億円に23.4%上方修正。増益率が4.0倍→4.9倍に拡大する見通しとなった。需要回復によって売上高が堅調に推移したことに加え、商業その他施設事業を中心に利益率の高い案件を計上したことが要因。

岩塚製菓 <2221>
発行済み株式数(自社株を除く)の8.0%にあたる45万株(金額で23億1750万円)を上限に、3月11日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

大日本印刷 <7912>
発行済み株式数(自社株を除く)の8.31%にあたる2000万株(金額で500億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は3月11日から9月30日まで。また、3月19日付で1500万株の自社株を消却する。

大阪有機化学工業 <4187>
大有機は独立系化学メーカーで特殊アクリル酸エステルを強みとし、多品種少量生産を特徴としている。化成品や電子材料、機能化学品で高い実績を持つ。液晶や有機EL向け材料のほか、半導体レジスト用原料で商機を捉え、生成AI市場の拡大を背景とした半導体需要復活の恩恵を享受する。

四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の15銘柄(3月7日発表)

大阪ガス <9532>
今期配当を7.5円増額修正。中期経営計画で株主還元方針を変更。累進配当を導入し、株主資本配当率(DOE)3.0%を目指す。来期以降の配当額を年95円に設定。また、発行済み株式数の1.6%にあたる676万7900株の自社株を消却する。消却予定日は3月25日。

大幸薬品 <4574>
24年12月期の連結最終損益を従来予想の3.5億円の黒字→5.5億円の黒字(前期は36.1億円の赤字)に57.1%上方修正した。医薬品事業の仕入取引に関連し、取引先と契約を締結。これに伴い、受取補償金2億円を計上することが最終利益を押し上げる。

 テレ朝HD <9409>
24年3月期の年間配当を従来計画の50円→60円(前期は50円)に増額修正した。政策保有株の縮減や東証の要請による「資本コストや株価を意識した経営の実現に向けた対応策」の検討状況などを勘案した。

東洋電機 <6655>
発行済み株式数(自社株を除く)の2.01%にあたる8万7000株(金額で7368万9000円)を上限に、3月8日朝の名証の自己株式立会外買付取引「N-NET3」で自社株買いを実施する。

四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の10銘柄(2月22日発表)

ムラキ <7477>
24年3月期の連結経常利益を従来予想の1億1000万円→2億1000万円に90.9%上方修正。減益率が49.3%減→3.2%減に縮小する見通しとなった。効率的な仕入れコントロールや効率営業による費用削減などが奏功し、採算が大きく改善する。業績好調に伴い、年間配当を従来計画の20円→25円(前期は20円)に増額修正した。

キムラユニテ <9368>
24年3月期の連結経常利益を従来予想の42億円→46億円に9.5%上方修正。増益率が5.9%増→16.0%増に拡大し、従来の6期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。北米子会社における格納器具の受注拡大や生産性向上のほか、為替の円安進行も追い風となる。業績好調に伴い、年間配当を従来計画の50円→55円(前期は42円)に増額修正した。

八洲電機 <3153>
今期経常を9%上方修正・最高益予想を上乗せ。また、特別株主優待を実施。24年3月末時点で100株以上を保有する株主を対象に、保有株数と保有期間に応じて500~7000円分の「ジェフグルメカード」を贈呈する。

関西ペイント <4613>
発行済み株式数(自社株を除く)の8.78%にあたる2000万株(金額で400億円)を上限に自社株買いを実施。うち1732万3500株を22日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で取得する。また、総額1000億円のユーロ円建て新株予約権付社債(転換社債=CB)を発行する。調達資金はM&A資金や自社株買いなどに充てる。

四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の10銘柄(2月8日発表)

シグマクシス・ホールディングス <6088>
今期経常を9%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も2円増額。また、発行済み株式数(自社株を除く)の1.36%にあたる60万株(金額で6億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月26日から8月31日まで。

横浜丸魚 <8045>
4-12月期(3Q累計)経常は21%増益で着地、今期配当を4円増額修正。また、株主優待制度を拡充。保有株数「500株以上」の区分を追加し、3000円分のクオカードを贈呈する。

ヤマハ <7951>
今期最終を16%下方修正。一方、発行済み株式数(自社株を除く)の4.1%にあたる700万株(金額で150億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月7日から7月31日まで。

三菱商事 <8058>
4-12月期(3Q累計)最終は27%減益で着地。一方、発行済み株式数(自社株を除く)の10%にあたる4億1700万株(金額で5000億円)を上限に自社株買いを実施。取得した自社株は10月31日付で全て消却する。

四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の10銘柄(2月2日発表)

フクダ電子 <6960>
今期経常を4%上方修正、配当も5円増額。また、発行済み株式数(自社株を除く)の6.61%にあたる200万株(金額で157億6000万円)を上限に、2月1日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施。取得した全株を3月29日付で消却する。

アストマックス <7162> 
4-12月期(3Q累計)経常が黒字浮上で着地。また、発行済み株式数(自社株を除く)の4.61%にあたる59万7600株(金額で1億4999万7600円)を上限に、2月1日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

インヴァスト <7338>
自社の株主を川路猛社長が代表を務めるTKCのみとする株式併合を行う。株式併合に伴い1株1150円でスクイーズアウト(強制買い取り)を実施する。

野村ホールディングス <8604>
10-12月期(3Q)税引き前は6%減益。一方、発行済み株式数(自社株を除く)の4.0%にあたる1億2500万株(金額で1000億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月16日から9月30日まで。

アルメディオ <7859>
24年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比5.0倍の25億円に急拡大して着地。中国で太陽光発電パネル製造用の拡散炉用ヒーターモジュールの販売が急増したことが寄与。併せて、通期の同利益を従来予想の26億円→32.3億円に23.9%上方修正。増益率が4.6倍→5.7倍に拡大し、従来の19期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。

四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の10銘柄(2月1日発表)

スクロール <8005>
発行済み株式数(自社株を除く)の1.3%にあたる45万株(金額で4億3920万円)を上限に、2月2日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

日本瓦斯 <8174>
4-12月期(3Q累計)経常が53%増益で着地・10-12月期も27%増益。また、発行済み株式数(自社株を除く)の1.6%にあたる180万株(金額で35億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月2日から7月31日まで。

DTS <9682>
4-12月期(3Q累計)経常が18%増益で着地・10-12月期も18%増益。また、発行済み株式数(自社株を除く)の0.77%にあたる33万6000株(金額で10億円)を上限に自社株買いを実施。取得した自社株は3月27日付で全て消却する。そのほか、システム開発を手掛ける東北システムズ・サポートの株式を取得し子会社化する。

日本テレビホールディングス <9404>
4-12月期(3Q累計)経常が5%減益で着地・10-12月期も9%減益。一方、発行済み株式数(自社株を除く)の1.93%にあたる500万株(金額で70億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月2日から5月31日まで。