四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の10銘柄(2月22日発表)

ムラキ <7477>
24年3月期の連結経常利益を従来予想の1億1000万円→2億1000万円に90.9%上方修正。減益率が49.3%減→3.2%減に縮小する見通しとなった。効率的な仕入れコントロールや効率営業による費用削減などが奏功し、採算が大きく改善する。業績好調に伴い、年間配当を従来計画の20円→25円(前期は20円)に増額修正した。

キムラユニテ <9368>
24年3月期の連結経常利益を従来予想の42億円→46億円に9.5%上方修正。増益率が5.9%増→16.0%増に拡大し、従来の6期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。北米子会社における格納器具の受注拡大や生産性向上のほか、為替の円安進行も追い風となる。業績好調に伴い、年間配当を従来計画の50円→55円(前期は42円)に増額修正した。

八洲電機 <3153>
今期経常を9%上方修正・最高益予想を上乗せ。また、特別株主優待を実施。24年3月末時点で100株以上を保有する株主を対象に、保有株数と保有期間に応じて500~7000円分の「ジェフグルメカード」を贈呈する。

関西ペイント <4613>
発行済み株式数(自社株を除く)の8.78%にあたる2000万株(金額で400億円)を上限に自社株買いを実施。うち1732万3500株を22日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で取得する。また、総額1000億円のユーロ円建て新株予約権付社債(転換社債=CB)を発行する。調達資金はM&A資金や自社株買いなどに充てる。

四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の10銘柄(2月8日発表)

シグマクシス・ホールディングス <6088>
今期経常を9%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も2円増額。また、発行済み株式数(自社株を除く)の1.36%にあたる60万株(金額で6億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月26日から8月31日まで。

横浜丸魚 <8045>
4-12月期(3Q累計)経常は21%増益で着地、今期配当を4円増額修正。また、株主優待制度を拡充。保有株数「500株以上」の区分を追加し、3000円分のクオカードを贈呈する。

ヤマハ <7951>
今期最終を16%下方修正。一方、発行済み株式数(自社株を除く)の4.1%にあたる700万株(金額で150億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月7日から7月31日まで。

三菱商事 <8058>
4-12月期(3Q累計)最終は27%減益で着地。一方、発行済み株式数(自社株を除く)の10%にあたる4億1700万株(金額で5000億円)を上限に自社株買いを実施。取得した自社株は10月31日付で全て消却する。

四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の10銘柄(2月2日発表)

フクダ電子 <6960>
今期経常を4%上方修正、配当も5円増額。また、発行済み株式数(自社株を除く)の6.61%にあたる200万株(金額で157億6000万円)を上限に、2月1日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施。取得した全株を3月29日付で消却する。

アストマックス <7162> 
4-12月期(3Q累計)経常が黒字浮上で着地。また、発行済み株式数(自社株を除く)の4.61%にあたる59万7600株(金額で1億4999万7600円)を上限に、2月1日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

インヴァスト <7338>
自社の株主を川路猛社長が代表を務めるTKCのみとする株式併合を行う。株式併合に伴い1株1150円でスクイーズアウト(強制買い取り)を実施する。

野村ホールディングス <8604>
10-12月期(3Q)税引き前は6%減益。一方、発行済み株式数(自社株を除く)の4.0%にあたる1億2500万株(金額で1000億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月16日から9月30日まで。

アルメディオ <7859>
24年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比5.0倍の25億円に急拡大して着地。中国で太陽光発電パネル製造用の拡散炉用ヒーターモジュールの販売が急増したことが寄与。併せて、通期の同利益を従来予想の26億円→32.3億円に23.9%上方修正。増益率が4.6倍→5.7倍に拡大し、従来の19期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。

四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の10銘柄(2月1日発表)

スクロール <8005>
発行済み株式数(自社株を除く)の1.3%にあたる45万株(金額で4億3920万円)を上限に、2月2日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

日本瓦斯 <8174>
4-12月期(3Q累計)経常が53%増益で着地・10-12月期も27%増益。また、発行済み株式数(自社株を除く)の1.6%にあたる180万株(金額で35億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月2日から7月31日まで。

DTS <9682>
4-12月期(3Q累計)経常が18%増益で着地・10-12月期も18%増益。また、発行済み株式数(自社株を除く)の0.77%にあたる33万6000株(金額で10億円)を上限に自社株買いを実施。取得した自社株は3月27日付で全て消却する。そのほか、システム開発を手掛ける東北システムズ・サポートの株式を取得し子会社化する。

日本テレビホールディングス <9404>
4-12月期(3Q累計)経常が5%減益で着地・10-12月期も9%減益。一方、発行済み株式数(自社株を除く)の1.93%にあたる500万株(金額で70億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月2日から5月31日まで。

四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の10銘柄(1月31日発表)

フジオーゼックス <7299>
4-12月期(3Q累計)経常が59%増益で着地・10-12月期も6.3倍増益。また、3月31日現在の株主を対象に1→5の株式分割を実施する。そのほか、株主優待制度を新設。毎年3月末時点で100株以上を1年以上継続保有する株主を対象に、全国共通商品券(保有株数に応じて2000~1万円相当)を贈呈する。初回に限り、25年3月末時点で100株以上を9ヵ月以上継続保有する株主が対象となる。

キヤノン <7751>
今期税引き前は15%増益、10円増配へ。また、発行済み株式数(自社株を除く)の3.3%にあたる3300万株(金額で1000億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月1日から25年1月31日まで。

理想科学工業 <6413>
10-12月期(3Q)経常は15%増益。また、発行済み株式数(自社株を除く)の0.61%にあたる20万株(金額で5億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月14日から3月22日まで。

放電精密加工研究所 <6469>
三菱重工業 <7011> と資本業務提携。三菱重を割当先とする354万6100株の第三者割当増資を実施する。発行価格は564円。

日本M&Aセンターホールディングス <2127>
4-12月期(3Q累計)経常が6%増益で着地・10-12月期も81%増益。また、発行済み株式数(自社株を除く)の3.1%にあたる1000万株(金額で70億円)を上限に自社株買いを実施。一方、24年3月末を最後に株主優待制度を廃止する。

四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の10銘柄(12月6日発表)

JSB <3480>
23年10月期の期末一括配当を従来計画の40円→63円(前の期は44円)に大幅増額修正した。普通配当40円に加え、「UniLife」ブランドの制定20周年記念配当23円を実施する。

不二電機 <6654>
24年1月期第3四半期累計(2-10月)の経常利益(非連結)は前年同期比7.9%増の3億1400万円に伸びて着地。汎用端子台やコネクタ端子台の売上減少で減収になったものの、販管費における経費の一部が低減したことで増益を確保した。通期計画の3億5300万円に対する進捗率は89.0%に達しており、業績上振れが期待される。

FDK <6955>
三徳の子会社である中国・包頭三徳電池材料の出資持ち分を取得し子会社化する。取得価額は10.8億円。これに伴い、24年2月期第4四半期に負ののれん発生益として約5億円を特別利益に計上する見込み。

トモニホールディングス <8600>
2800万株の公募増資とオーバーアロットメントによる売り出しに伴う上限420万株の第三者割当増資を実施する。発行価格は12月13日から18日までのいずれかの日に決定。