四季報記者が選んだ2024年度6月大バケ期待の10銘柄 (6月2日発表分)

じげん <3679>
今期最終は13%増で3期連続最高益、1円増配へ。また、発行済み株式数(自社株を除く)の4.04%にあたる420万株(金額で28億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は5月10日から25年3月31日まで。

フィックスターズ <3687>
上期経常が19%増益で着地・1-3月期も29%増益。また、乳癌超音波画像AI診断支援ソフトウェア「スマートオピニオン METIS Eye」の医療機器承認を取得。

ダイトウボウ <3202>
前期経常が上振れ着地・今期は29%増益、前期配当を0.5円増額・今期は1円増配へ。また、発行済み株式数(自社株を除く)の1.0%にあたる30万株(金額で3600万円)を上限に自社株買いを実施する。そのほか、株主優待制度を拡充。新制度では保有株数と保有期間に応じて3000~6000円分のクオカード(現行から1000円増額)を贈呈する。

東ソー <4042>
英資産運用会社シルチェスター・インターナショナル・インベスターズが5日付で大量保有報告書を提出。シルチェスターの東ソー株式保有比率は5.06%となり、新たに5%を超えたことが判明した。