四季報記者が選んだ2021年度大バケ期待の10銘柄

post on:2021-11-28
ミサワホーム中国 <1728> 
親会社のミサワホームがTOB(株式公開買い付け)を実施し、完全子会社化を目指す。TOB価格は1株320円で10日終値を16.8%上回る水準。買い付け期間は5月11日から6月21日まで。

味の素 <2802>
前期最終が上振れ着地・今期は1%増益、前期配当を10円増額・今期は2円増配へ。また、発行済み株式数(自社株を除く)の4.55%にあたる2500万株(金額で400億円)を上限に自社株買いを実施する。

極東貿易 <8093>
21年3月期の連結経常利益は前の期比11.6%減の7.3億円になったが、22年3月期は前期比70.3%増の12.5億円に拡大する見通しとなった。
同時に、今期の年間配当は前期比85円増の145円に大幅増配する方針とした。

メイコー <6787>
21年3月期の連結経常利益は前の期比19.0%増の56.9億円に伸びて着地。続く22年3月期も前期比52.7%増の87億円に拡大し、3期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。今期は自動車の生産台数回復と電装化の進展を背景に車載向けプリント基板の好調が継続するほか、スマートフォン向け基板では5G用途の販売が増加し、13.2%の増収を見込む。
買い予想数上昇
  1. VIX短先物(1552)
  2. フロンテオ(2158)
  3. NYダウベア(2041)
  4. TPXベア2(1356)
  5. 日経ベア2(1360)
売り予想上昇
  1. MXナスダク(2631)
  2. iS新興国株(1658)
  3. マザーズコア(1563)
  4. ジャス20(1551)
  5. 日興SP5百(1547)