四季報記者が選んだ2021年度大バケ期待の10銘柄(11月21日更新)

<4176> ココナラ 
公開価格(1200円)を91.7%上回る2300円で初値を付けた。会社設立は12年1月4日。知識・スキル・経験を商品化してECのように売買できるマッチングプラットフォームを展開する。21年8月期の営業損益予想は0.74億円の黒字(前期実績0.80億円の赤字)。WEBマーケティングを通じた集客拡大などで流通高を35.5%増加させる計画。第1四半期の実績は0.69億円の黒字だった。進捗率は93.2%に達している。

パスコ <9232>
21年3月期の連結経常利益を従来予想の29億円→39.7億円に36.9%上方修正。従来の17.3%減益予想から一転して13.2%増益を見込み、一気に7期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。国内公共部門の受注が堅調に推移し、売上高が計画を上回ることが寄与。生産効率の向上に伴う採算改善も利益を押し上げる。業績好調に伴い、期末一括配当を従来計画の25円→35円(前期は25円)に大幅増額修正した。

東京貴宝 <7597>
21年3月期第3四半期累計(4-12月)の経常損益(非連結)は7900万円の赤字(前年同期は200万円の黒字)に転落した。直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の経常損益は2500万円の黒字(前年同期は3500万円の赤字)に浮上し、売上営業損益率は前年同期の-2.5%→2.8%に急改善した。

ミタチ産業<3321>
21年5月期の連結業績予想について、売上高を320億円から340億円(前期比0.4%増)へ、営業利益を5億円から8億円(同5.4%増)へ、純利益を3億円から5億4000万円(同8.9%増)へ上方修正した。主要顧客である自動車分野でのユーザーの生産活動の回復や、中国での受注が堅調であることが要因としている。