四季報記者が選んだ2021年度大バケ期待の10銘柄(3月17日発表分)

ヨンキュウ <9955>
株主優待制度の実施回数を年1回から年2回(毎年3月末と9月末)に変更し、子会社西日本養鰻が養殖した「薩摩の若うなぎ」の蒲焼(保有株数に応じて3000円または6000円相当)を贈呈する。クオカードの選択は廃止。

MICS化学 <7899>
21年4月期の連結経常利益を従来予想の3300万円→5100万円に54.5%上方修正。従来の28.3%減益予想から一転して10.9%増益見通しとなった。新型コロナウイルス感染症の業績への影響が限定的なことに加え、経費抑制を進めたことが上振れの要因となる。

キャリアデザインセンター <2410>
21年9月期の連結経常損益を従来予想の3.7億円の赤字→2億円の黒字(前期は2.1億円の赤字)に上方修正し、一転して黒字に浮上する見通しとなった。同時に、10-3月期(上期)の連結経常損益も従来予想の4.5億円の赤字→1億円の黒字(前年同期は3.5億円の黒字)に上方修正し、一転して黒字に浮上する見通しとなった。

技研ホールディングス <1443>
21年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比2.5%減の8.7億円となり、通期計画の10.8億円に対する進捗率は80.6%に達し、5年平均の58.6%も上回った。会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比32.9%減の2.1億円に落ち込む計算になる。